コロプラ・ベアーズ 面白いものを作りたい仲間が集まるベアーズ

COMPANY

総合職インターン密着リポート Vol.1 VR領域における新規事業を企画して「未来の常識」を作れ!

2016年9月18~20日の3日間、東京・恵比寿にあるコロプラ本社にて、インターンシップ「次世代共創プロジェクト」の中から『Next Strategy Project 総合職 3days』が開催されました。総合職は、コロプラを「世界を動かすエンターテインメント企業」にすることをミッションとし、会社作りを担います。

コロプラは世界最大級のVR専門ファンドを設立し、エンターテインメントに加え、様々なVRビジネスに注目。VR元年とも言われる今年のインターンでは「次世代プラットフォーム」と期待されるVR市場で、VR領域における新規事業を企画し、コロプラの経営陣へ提案することをゴールに設定しました。

北は北海道、南は九州から集まった学生28名が6つのチームに分かれて、【2020年に10億円の営業利益を生む新規VR事業の立案】という課題に挑みます。参加者は出身地や専攻もバラバラ。様々な視点から意見が飛び交い、白熱した議論が繰り広げられます。

今回は「総合職インターン密着リポート」と題して、3回にわたってその全容をお伝えします!

cff7fc93f8325002881ac3c7724c4cebc5d81127.jpg

3日間のアジェンダは以下の通り。
Day1 キックオフ、ワーク、レビュー、フィードバック
Day2 ワーク、レビュー、フィードバック
Day3 ワーク、レビュー、フィードバック

「むかしインドに住んでいました!」
「僕、肩幅がめっちゃ広いんですよ~」
「アイドルやってます!」

などと実に個性的な自己紹介が続いて、みんなすぐに打ち解けました。最先端のVR開発現場でプロのフィードバックを受けながら課題に取り組めるとあって、参加者の期待は膨らみます。

Colopl_Be-ars_co_sougou_800-2.jpg

まず初日のキックオフではVRに関する最新情報を聞き、実際にヘッドマウントディスプレイを装着してVRの世界を体験。初めてヘッドマウントディスプレイを装着する人も多く、文字どおり「わあ!」とか「おおお!!」などの歓声が上がりました。

さて、今回の課題において特に重視されたのは提案内容の【実現性】です。さらに、【市場】と【コロプラの事業内容・強み】を理解した上で事業計画書と数値計画書を作成する必要があります。

各チームの話し合いは、個室でもオープンスペースでも自由に選んで行うことができます。そこにはVRチームのメンバーをはじめコロプラ社員が数名入ってフィードバックをし、大きく成長していただくためのサポートをします。

最初はどのチームも「難しい!」と言いながら楽しそうにしていたのですが......その雲行きはだんだん怪しくなってきました。あるチームは、アイディアはたくさん生まれるものの内容を絞りきれずに時間ばかりが過ぎていくという問題に当たります。またあるチームは「これをコロプラでやる意味があるのかわからない」「この内容では『新規事業』とは言えないのではないか」と頭を抱え始めます。結局、夕方になって社員から受けたフィードバックがきっかけでゼロから評価基準を設定し、アイディアを練り直すチームも。

Colopl_Be-ars_co_sougou_800-4.jpg

「いいサービスってどんなもの?」
「それは実現可能なの?」
「どうすれば利益を出せるんだろう?」
「このプランの強みって何?」

みんなで意見を出し合い、一つ一つ議論していきます。

Colopl_Be-ars_co_sougou_800-6.jpg

コロプラ社員からは、
・時間をかければ良いものはいくらでもできます。とはいえ時間は有限です。今回の課題を通して、限られた時間の中でより良いものを作ることを学んでもらえればと思います。
・良い仕事は圧倒的なリサーチから。知ったつもりにならずにきちんとリサーチをして、チーム全員が同じ水準まで理解できる努力をしていかなければ、良いものは作れません。
といったアドバイスもありました。

75a30fe9928765d1cf2417e28b6fa1aef7a5ad8e.jpg

コロプラの総合職の普段の仕事と同じスピード感を体験できるこのインターン。ただ「参加して楽しかった」だけでは終わらない、難易度の高いものです。インターン1日目はあっという間に終わりを迎えました。

Colopl_Be-ars_co_sougou_800-7.jpg

Vol.2に続きます!
(Written by Ishi&En)